管理人の小泉です。


私は、ギャンブルはやらないものの、馬を競馬場に見に行くのは大好きです。


彼ら馬は、人間のエゴだとしても、強靭かつ美しく体を構築され、

晴れ舞台といえるレースに挑みます。


そのため、動物園の上位互換感覚で私はたまに競馬場に行っているのですが、

今回はそんなギャンブルに関する商材を取り上げようと思いますので、

この案件に興味のある方は是非ともご一読ください。



とその前になんですが、下記の情報はもしかすると

あなたにとって重要なものかもしれませんので、

興味のある方は是非ともクリック、またはタップして頂き、

こちらも参考にして頂ければと思います。







画像
  • 商品名:「Recovery」
  • 販売者:西野豊
  • 価 格:???円
  • 分 類:ギャンブル





ギャンブルで稼ぐを謳う商材の危険性



まずなんですが、この案件はギャンブルで稼ごうというものです。


残念ながら競馬なのか競艇なのか競輪なのかはわかりませんが、

しかしギャンブル系の商材は9割以上が詐欺です。


なぜなら、投資のように、ギャンブル系商材販売の法整備がきちんとされていないので、

商材を売り出す人が「でたらめな話」や「でたらめな勝率」を

「言いたい放題で宣伝し商材販売できる」からです。


つまり犯罪的なものなのに、犯罪になりづらいのです。


例えばですが、あなたがギャンブルなんてやったことがないのに

「100%勝てる競馬」という商材を出したとしましょう。


「勝率も100%で配当金は月に1000万円だ」と嘘の話を作り上げ商材販売しても

実はあなたが裁かれることってないんですねw


たとえ断言的に言ったとしても、確定的に言ったとしても、

結局それらはあくまで「予想行為」にあたるので、

無責任にこういったことを堂々と打ち出しても何ら問題がないんですね。



まあ最近は詐欺師の手口も信ぴょう性を持たせるため、

それっぽい数字で打ち出しているようですが、

このような無法地帯では本物にたどり着けることは

ほぼ皆無であるといっても過言ではありませんね。


もちろん、裁かれる場合もありますが、

それは基本的な商材販売のルールを破った場合にのみ、

罰が下るだけであり(商材販売に必要な責任者の住所など)、

それ以外の場合はたとえ、動画の中であることないこと、

LPの中であることないことを言っても問題ないんですね。


因みにこの案件はバーチャルオフィスを使って住所登録していますが、

バーチャルオフィス、レンタルオフィスをつかって商材販売することは

日本の法律上悪いことではありません。


ただ、すべての情報商材がそうではありませんが、

情報商材でバーチャルオフィスを用いて、商材販売している場合、

何か問題が起きた時のために、雲隠れの準備をするための

時間稼ぎの役割もあるんですね。



例えば、集団訴訟沙汰になったとしましょう。


その場合、特商法の住所に対し弁護士さんなどが

「情報公開請求」を裁判所に依頼するのですが、

この情報公開請求には約1か月から2か月ほどかかるため、

この間に商材販売者たちは国外でもなんでも高飛びすることが可能なんですね。



で、話は法整備について戻りますが、

このような法整備がしっかりしていない市場の案件って

裁かれづらいという背景があるため、詐欺師たちが情報弱者さんたちから

お金を奪い取るための温床になんですね。


「じゃあ国が頑張ってこの辺を整備すればいいじゃん」

なんて思うかもしれないんですが、それは現実的に考えて無理です。


なぜなら、ギャンブルというのは国が認めた賭博であり既得権益なんですね。


ここを規制すると、様々な既得権益の崩壊につながってしまうため、

国は法改正を絶対にしません。


だからこそ、詐欺師たちはここに目を付けて群がっているわけです。


なんというか既得権益を守りたいという

上級国民の思いを逆手に取られている詐欺ですねw



また、たとえ、ギャンブル系商材の市場で本物の稼げる情報があったとしても、

それは広大な砂漠で、特定の1粒の砂を探すくらい困難なものであり、

この背景からギャンブル系商材を参考にお金儲けをしようと考えるのは

非常に危険な行為なんですね。


つまり、ギャンブルでお金を稼ぎましょうという案件というのは合理的に考えたとき、

危険以外の何物でもないため、こういったもので収益化を図ろうという考え自体

お勧めしません。



もしかして今あなたはお金に困っていませんか?




別にバカにしているわけではないのですが、

もしかして、この案件に興味を持っているあなたは、今無性にお金が欲しい、

あるいは必要な状況にあるという環境ではありませんか?


簡単に言うと、お金に困っている状態なのでは?ということなんですが、

詐欺師たちって実はこういった人を主にターゲットにしています。


なぜなら、お金が必要な人って正確な判断が出来ないので、

騙しやすい状態が最初から出来上がっているんですね。



これは悪用厳禁なテクニックなんですが、お金に困っている人って、

すでににっちもさっちもいかない状態なので、

そこに、「私の商材を買えばお金の悩みが解決できますよ」とささやくだけで、

その人は天使のささやきに聞こえます。


例えば、特にお金に困っているわけでもない人が、

これをささやかれても天使のささやきには聞こえません。


なぜなら、精神状態が安定しているため、初心者さんだったとしても、

あれこれ自分で考察しほんとかどうかの判断をするんですね。


しかし、にっちもさっちもいかない方からすると、

それが出来ないで、彼らの言葉を真に受け商材購入をしてしまいます。


因みに、最近は余剰金のない方に対しサラ金に走れ

という助言している情報商材販売者も出てきています。



詳しくは下記にまとめさせていただいているので、

是非とも地獄に突き落とされないためにもご一読ください。


最近の情報商材販売者は客にサラ金でお金を借りさせて商材を売り捌いている


そのため、前章の話やこの章での話を踏まえて、

そもそもこの案件、あるいはギャンブルを謳う案件で収益化を目指すことを

お勧めしませんので、別のルートで収益化を目指すことをオススメします。



お金儲けしたいのであれば最低でも1か月間の構築期間が必要



ギャンブルって実はある方法を使うと稼げます。


それは確率論と統計学に基づいた勝率の算出です。


ただ、これで稼ぐには当然、

そのギャンブル市場に関するデータというものが必要です。


これをやっているからプロギャンブラーというものが存在するわけであって、

プロギャンブラーは何の努力もなしにギャンブルで

お金を稼いでいるわけではないんですね。


あるプロギャンブラーが言っていたことですが、

「俺は楽して稼ぎたいと思われているけど、

実は普通に勤めている人間より勤勉に仕事をしている」
という言葉があります。


日本でギャンブルというものは「堕落の象徴」としてイメージされていますが、

本当にこの市場で生き抜こうとしている人って、めちゃくちゃ努力しているんですね。


なので、あなたがギャンブルで稼ぎたいなら最低でも1か月以上は

そのギャンブルに関しての勉強をしてください。


今やアイドルですら、自分のポジション取り(○○系アイドルのような)のため、

競馬を勉強し勝てるようになってアイドル業も成功させている女の子すらいます。


にもかかわらず、それを楽して儲けたいと考えたりするなど、言語道断です。


また、お金に困っているのでしたら、困らないためにお金の勉強、

ビジネスの勉強、収益化の勉強は絶対的に必要です。


これが出来ないのでしたら、いつまでたっても稼げませんし、

何より、生涯、強者や悪党の養分です。


因みに私のメルマガではそんな強者や悪党の養分にならないための

メルマガ講座というものをやっておりますので、

もしもあなたが意識高い系の方であるのでしたら是非とも当ブログの

「ゼロから起業できるメルマガ講座」をお読みいただき、参考にして頂ければと思います。



登録 解除
*メールアドレス
*お名前(姓)



では今日はこの辺で!