管理人の小泉です。


私はつい最近まで「意識高い」という言葉がいいイメージの言葉だと思っていました。


しかし、先日友人との飲み会の中で

「○○くんって意識高い系じゃん」という話が合ったのですが、

ハッキリ言って「○○君」は意識高い系ではなく、どちらかというと、

ちょっととっつきにくい感じの人であり、

私が「○○君って意識高い系じゃなくない?」といったところ、

友人にウィキペディアを見せられて、実は、意識高い系という言葉は、

世間では嫌われている人のことを指すことを知りましたw


ただなんですが、私のブログの中で使っている「意識高い系」というのは

そもそも活動意欲や知識吸収意欲、知的好奇心が強く、

普通の人と精神的なスタートラインが違う人だと思っていましたが

もしかすると、今まで私のブログで勘違いした方もいるかもしれませんね


まあ印象的には悪い言葉なのかもしれませんが、

ウィキペディアに書かれた「意識高い系」の内容を紐解いていくと、

これって要は努力しない人が「努力している人をバカにしている言葉」という

とんでもない造語だなとも思いました。



そして、今回は私の独自の理論からなぜこの言葉が、

努力しない人が努力している人をバカにした言葉なのかの解説と、

「意識高い系」という言葉がいい意味で普及を目指し記事を更新していこうと思います。


とその前になんですが、下記の情報はもしかすると

あなたにとって重要なものかもしれませんので、

興味のある方は是非ともクリック、またはタップして頂き、

こちらも参考にして頂ければと思います。







では、早速書いていきます。



画像
  • 商品名:「意識高い系って頑張っている人を小ばかにしている言葉である」
  • 著 者:小泉和樹
  • 対 象:初心者
  • 分 類:マインド




意識高い系という言葉がなぜ努力している人をバカにしているのか?




まず、ウィキペディアから参照します。


引用
意識高い系とは、自分を過剰に演出する(言い換えれば、大言壮語を吐く)が中身が伴っていない若者、前向きすぎて空回りしている若者、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己アピールを絶やさない人などを意味する俗称である。

大学生に対して使用されることが多いが、ビジネスマンや主婦など若者・学生以外の層に対して使用される場合もある。「意識高い系」の特徴として、自己啓発(ボランティア・政治)活動や人脈のアピール、あえて流行のカタカナ語を使うなどが挙げられる。嘲笑の対象として「意識高い系(笑)」と表記されることもある。




まあ、ただ文章だけを何の疑いも持たず読んでいくと、

悪い人のさまを指していますが・・・


よくよく考えるとこれって、これから頑張って自分を変化させようとか、

成功するために頑張ろうとする人たちを異端児扱いしレッテルを張って、

人を変化させない、あるいは迫害する意味合いです。



つまり、この言葉、頑張ってろうとしている人、

あるいは頑張っている人をバカにしている造語という話ですね。


まずなんですが、


>意識高い系とは、自分を過剰に演出する(言い換えれば、大言壮語を吐く)が中身が伴っていない若者


これって一見有言実行できない人のように感じますが、

そもそも有言実行って実力がある人だけが使っていい言葉ではありません。


身分、実力関係なく、だれでも使っていい言葉であり、

たとえ使う人間の中身が伴っていなくとも、声に出し言葉にすることにより現実味を出し、

自分を奮起させ成功するための自己啓発が有言実行です。


なので、そもそもこれ文章的にも意味合い的にもおかしな言葉なんですね。


こんなこと言ったら、バスケの試合でチームメイト同士が円陣を組む、

あるいはテニスのシングルㇲで試合前に勝つために自分を言い聞かせてることすら

意識高い系になってしまいますw


さらに・・・


>前向きすぎて空回りしている若者、


とありますが、そもそも若者はみんな人生経験が浅いから

前向きだとしても空回りして当たり前ですw


そもそも今若者で空回りしていない人っているのか?って話ですし、

若者じゃなくても人生で空回りしなかったことあるの?

と私は声を大にして聞きたいです。


私は大きな声で言いますが、私の若いころなんて空回りだらけでしたし、

なんでしたら今ですら空回りしていますw



前向きだろうと後ろ向きだろうと、空回りって当たり前の事象であり、

やはり「意識高い系」は言葉自体がおかしいですね。


次に・・・


>インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己アピールを絶やさない人などを意味する俗称である。


このネット社会かつ情報発信するのが当たり前の時代に

何を言っているんだという感じです。


こんなこと言ってたら何もできないですw


しかも、インスタ映えという言葉があるわけですから私からすると、

「意識高い系」という言葉は時代に不釣り合いな言葉と言えます。


まだ取り上げます。


>「意識高い系」の特徴として、自己啓発(ボランティア・政治)活動や人脈のアピール、あえて流行のカタカナ語を使うなどが挙げられる。


とありますが、そもそもこの文章の内容って要約すると

ブランディングマーケティングのことを指しているのですが、

そもそもブランディングマーケティングって、

自分の周りに来たら世の中を変えられるかもしれない、

あるいは近い属性の考え方の人が来るから集まれ!というテーママーケティングなので、

なぜアピールしたら意識高い系に振り分けられるのかがわかりません。


こんなこと言っていたら、今この世に存在する、

広報自体を否定するものでもあります。


それに、流行のカタカナ語を使うとありますが、

時代は刻一刻と変わってきています。


むしろ、そういった言葉は数年後当たり前の常用後になっていることがほとんどなので、

新しい言葉を覚えないのは時代から乗り遅れているということでもあり、

意識高い系という言葉は、未来を見ていない言葉でもありますね。


そして、最後に・・・


>嘲笑の対象として「意識高い系(笑)」と表記されることもある。


はいはい、自分は変わらない、

あるいは目立たないことこそが美徳で変わらない自分が一番と主張して

頑張っている人をバカにしているんですね^^って感じですね。


このように今世間で印象付けられている「意識高い系」の意味合いを紐解くと、

人間の成長や活動を妨げるガンのような言葉になっています。


というか、ちょっと調べたんですが、

どうもこの造語なんですが、生みの親がいるらしく、

そして、その親は自分が本やブログなどで儲けるために作った言葉のようですw


以下よりそのお話を少ししてから

私がいい意味で普及させたい「意識高い系」の本当の意味について書いていきますが、

ハッキリ言って、あなたが以下より説明する「意識高い系」の

生みの親の戦略をしっかりと知らないと、いい方は悪いですが、

いつまでたってもレベルの高いネットビジネスマンを

目指せないということでもありますので、

是非ともお読みいただき今後の参考にして頂ければと思います。


意識高い系の生みの親はビジネス左翼 常見陽平



ご存知の方もいるかもしれませんが、

この「意識高い系」という言葉を作ったのは常見陽平という人物です。


経歴はまますごい方なんですが、

その経歴を生かしてビジネス左翼に移行したようです。


ビジネス左翼とは左派的な考え方や商材を第三者に提供しお金儲けする方のことを指します。


ただなんですが、いま日本に存在する、

ビジネス左翼って信念がなく日本の文化や人の可能性を壊すことを目的にして、

それでお金儲けする人たちなので、正直ビジネスマンとしてはクズ中のクズですw


実際、この常見陽平という人物は「意識高い系」という言葉を生み出し、

頑張る人を小ばかにした本を出版し過去に大儲けしていますからね^^;





しかも左翼の発言って残念なことに、一時的なインパクトはあるものの、

テクノロジーや思想を否定するだけの言葉であり、そこに本質などなく、

数年後、「何バカなこと言っているの?」と思ってしまうくらい

社会に浸透するので、あとで苦しむ結果すら生んでいます。


実際今現在、常見陽平さんは、自身の発言や

それまでの活動がうまくいかず、

にっちもさっちもいかないような精神状態にすらなっていますw





このようにビジネス左翼は人を小ばかにするだけ小ばかにして

お金儲けをするから私はビジネスマンとして認めていませんし

今現在精神的におかしくなっているわけですから、

ざまあみろって感じなんですがね。



小泉の考える「意識高い系」の人の基本定義とは?



さてここからは、私が考えるいい意味での

「意識高い系」の意味合いについて書いてい行きます。


まず、お金儲けに限らず、

何かを達成するにはそれ相応の努力量と時間が必要です。


当然人間は機械ではないので、プラグインを入れたらアップデート完了とはいきません。


なので、私の考える、意識高い系の基本定義とは、

目標値までの努力量と達成するまでの時間をしっかりと見積もりが出来て、

日々ゴールに向かって継続が出来る人のことが基本定義です。



欲を言えば、本来必要とする努力量をオーバーして取り組める人であればなおよしですね。


そして、この言葉を人に向けて使う人は

「リスペクト」の意を込めて使っていただきたいですし、

意識高い系ですねと人さまから言われたのでしたら言われた人は謙虚になり、

かつさらなる「向上」を目指すという感じになってもらいたいです。


意識高い系は貧困と違ってネガティブワードではない訳ですから、

これからはいい意味で使っていただきたいものですね。


では今日はこの辺で!


*関連