管理人の小泉です。


情報商材業界の癌といわれている泉忠司氏が

まさかの消費者機構日本に訴えられていることが分かりました。



そこで今回はこの件が今どうなっているのかについて書かせていただきますので、

もしもこれから書いて行く泉氏の案件で稼げなかった、

あるいは稼ぐどころか損をしてしまったという不満を抱えている方は、

泣き寝入りせず、返金などの活動や、悪質な販売者撲滅のため、

一歩を踏み出していただければと思います。


とその前になんですが、下記の情報はもしかすると

あなたにとって重要なものかもしれませんので、

興味のある方は是非ともクリック、またはタップして頂き、

こちらも参考にして頂ければと思います。







では、早速書いていきます。


画像
  • 商品名:「仮想通貨バイブル」
  • 販売者:泉忠司
  • 価 格:50800円~
  • 分 類:暗号通貨




日本消費者機構日本とは一体どんな組織?



まず、あなたが返金活動をする前に、

今回、泉氏を訴えている消費者機構日本について、

説明させていただきます。


消費者機構日本とは、

消費者から寄せられた商品や消費トラブル情報をベースに、

これ以上の被害拡大防止や、

その被害から巻き上げられたあなたの大切なお金を加害者といえる人から

返還してもらうために裁判をしている組織です。


まあ簡単に言うと、

世間の詐欺的案件で騙された方を救済する正義の味方といったところでしょうか。


因みになんですが、

この組織は今まで様々なトラブルを解決している実績のある団体でもあります。



泉氏の訴訟された案件とは?



泉氏は様々な案件を世に発信しているため、

どの案件が今訴えられているのかがわからないという方もいると思います。


そこで、この章では、どの案件が訴訟対象なのかを下記より書いて行きます。



仮想通貨バイブルDVD5巻セット(VIPクラスへの参加とパルテノンコースを含む)」


これが今回泉氏が訴えられている案件です。


因みに、この案件の謳い文句は

「泉忠司が参加者にわずか3か月で

16億円稼がせた秘密の手続きで~中略~塾生が3か月で16億円を稼いだ

暗号通貨で稼ぐ方法の全てを即金手法から長期投資手法まで徹底解説」
というものです。


そして、内容は、暗号通貨の成り立ちや歴史についてから始まり、

投資では基本中の基本である、銘柄のコインが安い時に購入し、

高い時にそのコインを売るや、取引所間の価格差を利用した

暗号通貨アービトラージで稼ぐ簡単な説明やICOをやって、

上場したら売り抜けるという内容で、具体性が全くないDVDでした。


まあ、このDVDを辛口に表現すると、

何の役にも立たないノウハウといったところですね。




今こそ被害者の方は勇気を振り絞って立ち上がれ



今回の訴訟で勇気を振り絞り立ち上がった方の数は約40名です。


しかし、これはあくまで今現在立ち上がった人の数であり、

実際はまだまだこれに関しての被害者さんは10倍以上いると私は思います。


その為、まだ、この案件で被害にあい名乗りを上げていない方は、

下記にこの訴訟に関する詳細リンクを貼らせていただきますので、

是非とも消費者機構日本に問合せしてみてください。


http://www.coj.gr.jp/trial/topic_20190426_01.html


というか、泉氏は優しめに言って、悪質な情報商材販売者なので、

こういう人間が一刻も早く業界から去っていただき、

業界の健全化がされることを強く願います。


では今日はこの辺で!