管理人の小泉です。


今回は世間の時事ネタを取り上げます。


ただ、このブログはお金を稼ぎたいという方の来訪が多いサイトなので、

時事を取り上げながらビジネスの話(お金の稼ぎ方)についても少し触れます。


結論から言って、この記事は青汁王子こと三崎氏について知りたい方や

三崎氏がなぜ世間をにぎわせるようなことをしているのかを知りたい方、

また、青汁王子がこれまでに取り組んできた一連の活動が、

実はマーケティングであることに気づいている勘のいい方にお勧めの記事なので、

是非とも最後までお読みいただければと思います。



とその前になんですが、下記の情報はもしかすると

あなたにとって重要なものかもしれませんので、

興味のある方は是非ともクリック、またはタップして頂き、

こちらも参考にして頂ければと思います。







画像
  • テーマ:「青汁王子のメンヘラマーケティングすごすぎる件」
  • 著 者:小泉和樹
  • 対 象:初心者から上級者
  • 分 類:マーケティング






脱税犯、青汁王子ってどんな人



さて、今回取り上げる青汁王子こと三崎優太氏とは

いったいどんな人物なのか?について、まずはお話ししようと思います。




名前 三崎優太
年齢 30歳
出身 北海道
逮捕前までの業種 ネット通販会社の経営者
年商 130億円



というのが簡単なプロフィールですね。


そして、なぜ彼は脱税で捕まったのか?についても簡単にお話ししていきます。


結論から言って、三崎氏が共同経営をしている

加藤豪氏なる人物に会社の納税を三崎氏がさせたところ、

実はその加藤という男はそのお金の一部は納税せず、

そのお金を別会社に「広告宣伝費」という名目で振り込み、

その別会社から「キックバック」として別会社から三崎氏の会社に

一部を振り込むという行為がされ、納税されていなかったんですね。





もちろん、このことは三崎氏も知らなかったと主張しましたが、

企業のトップということで脱税に関与している、

あるいは脱税の実行犯としての疑いがあるため2019年2月に逮捕されています。


まああくまでザックリな説明なので、もっと事件について詳しく知りたい方は、

ニュースサイトや他者さんのことの始まり(逮捕後から追いかけている)から

青汁王子を追いかけているブログご自身でお調べいただければと思います。


そして、ここから青汁王子こと三崎優太氏の世間から見れば

「常軌を逸した情報発信」をし世間の注目が集まります。


そして何を隠そう、この常軌を逸した情報発信はなんと、

三崎氏のある目的達成のための「マーケティング」だったんですね。


三崎優太プレゼンツ青汁劇場マーケティングが秀逸



世間は彼の情報発信をこう呼びます。


「青汁劇場」


そして、青汁劇場の目的は、

三崎氏の「狂った私生活の公開で世間の注目を浴びる」ではなく、

本当の目的は「国税庁に対する不平や不満」「国の横暴」「国の悪行」を

多くの人に暴露するため、常軌を逸した情報発信を9月5日までしていました。



では、いったいどんな情報発信だったのかを説明しています。


まず、三崎氏は2019年2月に事情聴取のため

今年の5月まで逮捕されていました。


そして、事情聴取が終わり、保釈がされます。
*脱税などの犯罪は殺人などと違い証拠隠滅の恐れがない場合は保釈されることが多く、
過去にもホリエモンなどがそうでしたね。



ここから、三崎氏の青汁劇場が始まるわけですが、

まず、三崎氏が行ったことは年商130億円、年収にして12億円のだったにもかかわらず、

突然、「焼き鳥屋のアルバイト」を始めます。





これを見たとき世間はこう思ったでしょう。


「脱税をすると、社長もアルバイトまで転落するのか・・・不憫だな」
「犯罪を犯したんだから当然の報いだ。ざまーみろwww」



そして、三崎氏は自身が勤めていっるアルバイト先で働く姿の写真や動画をアップします。


すると、焼き鳥屋の店長から「業務中は動画を撮るな」ということを注意され、

それが改善されず、解雇されます。


この辺から三崎氏の様子がおかしくなります。


三崎氏には当時彼女がいたのですが、

この彼女が元カレご飯を食べに行ったとのことで、

とてつもない嫉妬に狂います。


一言でこの時の状態を表現すると「恋愛に狂い過ぎてメンヘラ化する」です。




中には女装する三崎氏なんかもあり、

もはや世間は狂ったんだろうなと彼を哀れみの目で見るようになり、

その結果、付き合っていた彼女に振られますw




もちろんこの時の様子も三崎氏はツイッターでつぶやき、

世間では「おい!脱税犯が狂ったうえ女に振られたぞ」ということから、

またしても世間に注目を浴びます。


そして次は「デリヘルED編」です。


少し、性の話になってしまうのですが、

彼女に振られた三崎氏は風俗を利用します。


しかし、なんと三崎氏はせっかく風俗の女性が来たにも関わらず、

「たたない」という残念な現象が起き

その「たたない」という様子もツイッターでつぶやきます。





恐らくなんですが、この時点で、女性の方はドンびいていると思いますが、

この話が皆さんが稼ぐにあたりとってもいい参考材料になると思いますので、

構わず続けさせていただきます。


そして次に三崎氏が取った行動が「歌舞伎町でホストになる」です。


そこでなんと、出勤初日で3000万円の売り上げを

お店でたたき出しまたしても世間の注目が集まります。


おそらく世間はこう思ったでしょう。


「青汁王子、仕事はあれだけど何とか軌道修正できたみたいだね」
「今までが今までだったからうまくいったようで安心した」
「お酒で体壊さないようにね」



しかし、9月2日この動画を投稿し






ホストを引退します。


ちなみに、この時までの活動で三崎氏のフォロワーの数はなんと20万フォロワーも集まります。


そして、三崎氏は下記のような動画を投稿しそもそも三崎氏が本当にやりたかった、

国税の暴露という本格始動がされます。






これなんですが、お金儲けではないものの

立派なプロダクトローンチマーケティングになっています。


彼は脱税犯ということで犯罪者かもしれませんが、

これは日本の国民のためになるかもしれない問題提起が出来ており、

展開が進めば今後、国民のためになるかも知れない話なので

プロダクトローンチとしては素晴らしい出来と言えます。


嘘の話を持ち掛け私利私欲で弱者からお金を貪る情報業界の詐欺師とは、

格の違いが伺えますね。






青汁王子のやっていることからビジネスを学べ



とはいったものの、ここまでの話を聞いて、あなたはこの話から学べる事って、

奇行をして世間の注目を浴びる見世物マーケティングで、

自分には再現できないから何の足しにもならないと思う方もいるかもしれませんが、

それは大きな勘違いです。


確かに、三崎氏のやり方をバカみたいに真似すれば見世物になります。


しかし、三崎氏の行為をしっかりと理解すれば

見世物にならないであなたにもできるビジネス実践が出来ます。


言わなくてもわかると思いますが、三崎氏がやっていたこと、

やっていることはパワーアクション(パワーワード)を駆使して

取り組んだ戦略です。


なので、このパワーアクション(パワーワード)を

うまく、自分のビジネスに取り組むことで大きな成果を得られるんですね。


極端な例ですが、あなたが美容品でアフィリエイトをする場合

「お肌がもちもちになる化粧水」という触れ込みで売るより

「ブスが直る化粧水」といった方が

はるかに世間から注目を浴びることができる販売活動ができます。



また、三崎氏の戦略は

ストーリー仕立てになっているので、

読み手が食い入るようにみるので注目が集まりやすいです。



何が言いたいのかというと、三崎氏ほど過激なことをしなくても、

あなたがストーリー仕立てによるネットビジネス活動をすることにより、

自己ブランディングにも役に立つ部分があるんですね。


たとえばあなたがが、「自社製品」を売り込もうとし、

注目を浴びようとする場合、ただ突然「自社製品出しました」という発信をするよりも、

自社製品を売り出すまでの経緯や過程を世間に伝えながら

自社製品のリリースまでのストーリーを一歩ずつあゆみ(発信し)

「自社製品の販売を開始」した方が、はるかに効率的で注目や収益が生めるんですね。


因みにこの手法は私もよく使っている方法であり、

今もなお結果を生み出している実績のあるテクニックなので、

あなたがこれからネットビジネスを実践しようとしている、

現在取り組んでいるというのであれば、是非とも使っていただきたいです。


凄く薄っぺらな言い方でこの手法を評価すると「マジで稼げる」ですねw



小泉が三崎氏に思う個人的な意見と日本の行く末!



ここからは、私の意見なんですが、

まず、三崎氏の今回の一連の流れは主義主張はおいておいても、

マーケティングに関しては「見事」としか言いようがないです。


私が三崎氏の立場であれば、

このマーケティングで世間に問題提起をすることは思いつかなかったですし、

たとえ、思いついた、あるいは助言があってやる機会があったとしても、

あそこまで自分を出し切って情報発信などできないですからね。


まあ、やれと言われたらやれなくもないですが、

約3か月にもわたるプロダクトローンチをするなど、

メンタル的に持たないですw


そのため、戦略としてもマインド的にもさすがとしか言いようがないですね。


というか、こういったキレる頭と、

鋼のように固いマインドがあるわけですから、

三崎氏が青汁で年商130億円も稼げたのには納得です。


また、この事件で私が感じたことは、この国は国民に対し重課税を課して、

さらには終身雇用の崩壊までさせ、老後は2000万円自分で用意してくださいね、

という背景から、この国は皆さんを守る気なんてないということがわかりました。


この記事をあなたがどういう目的で読んでいるかはわかりませんが、

もしも、あなたがこの日本でこれからも生きていくつもりでしたら、

自分で稼ぐ力を身につけなければ生きていくことはできないということなので、

ネット、あるいは本業以外のリアルビジネスを検討することをお勧めします。


ハッキリ言って、

今の日本は社会や経済以外で国すらも国民に対し厳しい対応をしています。


ハンターハンターのクラピカではありませんが、

「一人で生き抜く力」が必要とされる時代に突入してしまったという話でもありますので、

是非とも苦しい生活を強いられる前に対処して頂きたいですね。


また、この記事を読んでいる方の中には、

副業、あるいはネット起業のやり方がわからないという方もいるでしょう。


そういった方のために、

私は「ゼロから起業できるメルマガ講座」というもので情報発信しているので、

よろしければ、ご登録いただき今後の活動の参考にして頂ければと思います。


登録 解除
*メールアドレス
*お名前(姓)



では今日はこの辺で!