管理人の小泉です。


突然ですが情報商材で地獄を見ている人が

この世に存在していることを皆さんは知っていますか?


おそらく知っていても「大事な貯金を失った」くらいの想像をすると思いますが、

実はそれどころかもっと最下層の地獄を味わっている方って最近増え始めています。


今回のレビューはそんな実態について書いていきますので、

騙されたくないという方は是非ともお読みいただければと思います。


とその前になんですが、下記の情報はもしかすると

あなたにとって重要なものかもしれませんので、

興味のある方は是非ともクリック、またはタップして頂き、

こちらも参考にして頂ければと思います。







画像
  • 商品名:「現在の情報商材販売者の手口」
  • 著 者:小泉和樹
  • 対 象:初心者
  • 分 類:詐欺手法






お金を奪うためにお金を借りさせて地獄に導く



今情報商材の業界で、新手の錬金術がひそかに流行っています。


その錬金術とは、見込み客をサラ金に走るよう誘導させて、

無理矢理借金漬けにしてお金を奪うという、やくざな手口です。


従来の商品売買とは、見込み客の余剰金からお金を出してもらい

商品を買わせるというのが、商売の基本です。


しかし、情報業界の詐欺師たちは何と、余剰金のない見込み客に対し、

電話や対面で「アコムに言って借りてこい」という内容を、

マイルドかつ自分たちの商品を購入したら天国が待っていると惑わし、

借金をさせて情報商材の売りつけています。


もしかすると、この記事を読んでいる方の中には、

それをやりはしなかったけど、販売者からそういったオファーをされたとか、

もしくは今現在その状態であり借金の返済中であるという方もいるかもしれませんね。


正直、こんなのありあないことをしているのですが、

どうやら情報業界で顔を出して宣伝し高額商材を買わせる販売者さんたちは

人として入ってはならない領域に達してしまっているようです。


ですが、これはいわゆる貧困の方や、お金に困っている方に対しての悪魔的行為であり、

許してはならないことと言えます。


とはいえ、貧困の方やお金に困っている人が全く悪くないというわけでもないんですね。


こう言っては何ですが、詐欺販売者から発せられた儲け話を聞いて、

努力のわりに見合っていない収益金を想像し、魅力的に感じませんでしたか?


ハッキリ言って、ちゃんと、お金の勉強やビジネスの勉強をしていれば、

それらの話が嘘、あるいは魅力的に感じるという心理状態にはならなかったはずです。


とはいえ、騙す方も騙す方です。


そのため、下記より、彼らのような詐欺商材販売者が

あなたから如何にして消費者金融に走らせ、お金を借りさせて、

借りたお金を入金させるのか?の手口について書かせていただきますので、

借金まみれと詐欺に引っかかりたくないのでしたら

是非ともお読みいただき参考にして頂ければと思います。


情報業界で詐欺をする方の特徴をまずは知ってください。



まず、ランディングページ(LP)を他人に紹介させて、

メールアドレスを登録したら稼ぎ方教えます系動画の掲載があるというものは、

全て詐欺であることを知ってください。


この業界、少なくともこの手法により

大多数の方が100億以上のお金を巻き上げられています。


で、どの販売者も言っていることですが、

動画などでは「あなたを稼がせます」という発言ですが、それも嘘です。


本当の目的はそういうことに発することにより、

あなたに対し安心感を与えより財布のひもを緩めさせ、

自分たちが詐欺で大儲けしようとしているだけなんですね。


そして、その詐欺師といわれる方には共通点があります。


それは、ブログ、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、Youtubeでの

下積みが一切ないという方です。



いうなれば、上記の媒体で、かつ、

多数のコンテンツ数(最低でも100)が構築されていない方は

100%詐欺師なんですね。


なぜこれがないと詐欺なのか?という理由はたくさんあるのですが、

一番有名どころな理由として、お金を集めるだけ集めたら雲隠れするためです。


しかも、従来のオリジナルコンテンツ構築と違って、

騙したら、すぐにLPや動画のチャンネルを消せばいいだけだから、

証拠隠滅すらしやすいんですね。


当然ですが、コンテンツの構築をしている人が、

詐欺商材を販売すると、あとあと、面倒ですからね^^;


まとめますが、下記のような人には注意してください。


・他人の紹介で知った販売者
・SNSなどの独自コンテンツを持たない人
・とにかく稼がせるとか月収○○万円という人



これがきれいにマッチした場合、詐欺師の可能性が高いです。


彼らの目的はあなたを稼がせるという言葉に騙されるな



さて、ここからは具体的に情報業界の詐欺師たちが如何にして消費者金融に走らせ、

お金を借りさせた上、入金させるのか??についての解説をしていきます。


ステップとしては3つです。


1、余剰金のない見込み客とわかったら、とにかくお金を稼いだあとの未来について語る

2、そのうえで、今の生活とはオサラバできると、とにかく今と未来を比較させ
「買えば人生が変わる」と思い込ませる

3、人生が変わるし、元も十分すぎるほど取れるんだから、借金しても全く問題ないことを
永遠と語り、アコムに走らせる



主にこのステップで情報業界の詐欺師たちは、見込み客を借金地獄にして、

自分たちだけがいい思いをするというスキームを作り上げているんですね。


ただ、上記の話はまとめとして書いているので、

どうにも凶悪さが伝わりづらいところはあるのですが、

マトマなどの情報商材を集団訴訟するための掲示板では、

このような話は、日常茶飯事かつ、実体験の話が目撃できますので、

是非ともマトマで検索し、ご自身の目で確かめていただければと思います。



もはやコンサルティングではなく養分にしているだけ




情報業界の詐欺師たちは自分たちのやっていることを

「○○コンサルティング」と動画やLPなどでいっています。


しかし、これってもはやコンサルティングではありません。


もしもこれをコンサルティングという枠組みに入れて、

名前を付けるのであれば、「借金地獄案内人コンサルティング」ですね。


まあ、何度も言いますが、彼らのやっていることはコンサルではなく、

見込み客を自分たちの養分にしているだけであり、正義のかけらもありません。


因みにですが、こういった詐欺師は年々増えてきています。


なぜ増えるのかというと、こういった詐欺って社会が不景気であれば

不景気であるほど、横行する犯罪なんですね。


詐欺師たちが見込み客に対する主張は「不景気だからお金がないと生きるのが大変」です。


これに感化される見込み客って結構多いので、

情報弱者という方はコロッと騙されるんですね。


それに詐欺師たちは「不景気だからお金がないと生きるのが大変」といっていますが、

それって見込み客に対して言っているのではなく、自分たちに対して言っているんですね。


ハッキリ言いますが、この業界で詐欺行為をしている

顔出しのプロダクトローンチ販売者って、

社会で通用しなかったからこういった業界に入って詐欺行為をしています。



例えば、泉忠司さんなんて、この業界に入る前は、

芸能人の斡旋を生業としていたのですが、活動中、

芸能関係の女の子(現秘書)に手を出してしまい、

芸能界追放というか出金ですからね。


皆さんもご存知かと思いますが、芸能人斡旋の人間が、

商品に手を付けるだなんて爆弾行為であり、非常識極まりない行為です。


つまり、泉忠司さんって、どんなに素晴らしい弁が出来ても、

結局のところ、社会のクズなんですね。


だから、詐欺師たちはこの業界に何のためらいもなく参入してきます。


因みに、この情報ですが、

泉さんのあまり知られていない過去話であり暴露情報です。


話は戻しますが、詐欺師が何か甘いことを言っているときって、

それは自分たちの目的である可能性があります。


なので、言葉の裏というものも考えながら情報収集するのも重要なので、

ぜひとも今後の情報収集法の一つとして参考にして頂ければと思います。


因みに、これらに限らず、お金の知識やビジネスの話、

稼ぎ方についてをもっと知りたい方は私の配信する

「ゼロから起業できるメルマガ講座」の登録をして頂ければと思います。



登録 解除
*メールアドレス
*お名前(姓)



このメルマガでは前述したとおり

お金に関する話やどうすれば稼げるのか?などについて

配信させていただいております。


是非ともご活用ください。


では今日はこの辺で!